0917-world-oglitter_full_600


 ロシアの東シベリアに位置する3500万年前に隕石が衝突したとされる地層で、現在の国際備蓄量の10倍以上もあるとされるダイヤモンド鉱脈の存在が発表されました。



article-2204566-15104700000005DC-490_634x531
注:この写真はカナダのクレーターのようです(コメントでのご指摘ありがとうございました)

article-2204566-151087AB000005DC-518_634x472
今回の鉱脈は東シベリアに位置しています 

article-2204566-00434FD100000258-912_634x493
ロシア産のダイヤ 写真のダイヤは一つが50カラット以上のものばかりです 

diamond-formation
今回の鉱脈は3のケースで生成されたものです
 

 ロシア政府によると1970年代に既にこの鉱脈は発見されていましたが、先週末まで国家機密にしてきたとのことです。この鉱脈の名前はPopigai Astroblemとよばれ、この鉱山で採掘されるダイヤモンドは通常のものより2倍の硬度があるとされ、科学装置や産業利用において理想的であると考えられています。
 地質学者によるとこの鉱脈には何兆カラットものダイヤが眠っているらしく、世界市場を3000年間支えうる量であるとのことです。現在ロシアで有名なダイヤモンド鉱脈と言えばYakutia鉱脈が有名ですが、この鉱脈でも埋蔵量は10億カラット程度と言われており、今回発表された鉱脈の規模の大きさと比べると小さく思えます。ロシアはソビエト時代から様々な工業用ダイヤを生産し、企業活動を助けてきました。2007年には生産量が増大し、輸出量は14億ドル近くに及び、98%をベルギーやイスラエル、東アジアやアメリカなどに向けて販売してきました。リーマンショックで加工ダイヤモンドの生産量が落ち込みましたが、最近になって世界市場が回復の兆しを見せており、このことが今回の発表の理由であると考えられています。


翻訳:しょぼん少佐
出典:
'We are speaking about trillions of carats': Russia reveals vast diamond source under 62-MILE-WIDE asteroid crater which could supply world markets for next 3,000 years