mcdon


 日本
マクドナルドが新年1月4日から開始する新しいサービスでは、注文から60秒以内に商品が出てこないと、ハンバーガー無料券をもらえるというもので、既に一部の店舗ではこのサービスを開始しているようです。

 マクドナルドの店員さんからすると迷惑そうなこのサービス、客としては早く商品を受け取れる上に、かなりの確率で無料券を貰えるというお得なシステムですね。

マクドナルドが新年1月4日から開始する60秒キャンペーン。会計終了後から60秒以内にメニューを提供できないとハンバーガー(クォーターパウンダーチーズ、ダブルクォーターパウンダーチーズ除く)無料券がもらえるというキャンペーンだ。前回マクドナルドの店員さんにこのことを聞き記事にしたら多くの人から反響があり、「そこまで急いでいない」「迷走してる」との声が挙がっていた。中には「大量注文やポテト塩抜きを頼めば余裕だな」と書かれておりバーガー無料券の裏技まで出回っている。

そんなマクドナルドが実施する60秒キャンペーンに驚愕の事実が発覚したのであった。ネット上で先行してウワサされていた「大量注文」や「ポテト塩抜き」というオーダーがNGとなるかもしれないのだ。マクドナルド店員によると「一部店舗かもしれませんが、明らかに1分を超えるオーダーは対象外になります」とのことである。

つまりハンバーガーの場合は1つの機械で同時に2個のバーガーしか作れない。店舗によって機械の数は異なるが、1つしか機械がない店舗は明らかに1分を超えてしまうため対象外となるのだ。しかにどちらにせよキャンペーン期間中はコーヒー無料券がもらえる。

上記の対応は店舗によって異なるので各々店舗で確認してほしい。

この60秒キャンペーンは11時から14時で実施しており、お昼の混雑を緩和させる目的もある。しかしこの時間に勤務するクルーは「60秒なんて絶対無理」と悲鳴をあげている。60秒は砂時計で計られる。一部店舗では先行して実施しているこの60秒キャンペーンだが1月4日(一部店舗除く)からはどうなるのか?
livedoor ニュース


 




日本のマクドナルドで60秒で商品が出てこないとハンバーガー無料券が貰えることに対する海外の反応:


・スーパーサイズミーとかいう映画を見てからマクドは食べてない。


・2分かかってもいいからサービスを丁寧にやるべきだ。


・日本のマクドナルドの店員が気の毒です。


・今度ストップウォッチもって買いに行くわ。


・この手のプロモーションは大嫌いだ。スタッフに過度なプレッシャーがかかるし、客としても居心地が悪い。60秒で食べ物を手に入れたいなら、コンビニでおにぎりでも買うよ、


・肉がよく焼けてなかったりして食中毒が起きなければいいが。


・時間かけていいからしっかりとしたものを用意してほしいなあ。


・ただでさえ健康に悪くて食べたくないのに、生焼けバーガーなんて出されたらたまらん。


・Windows8が発売されたときのバーガーキングの特別バーガーは良かった。
windows8whopper06
       Windows 8 バーガー


・宣伝としてはいいかもしれないね。


・毎日こんなものばかり食べていたらそのうち心臓マッサージ機のお世話になるよ。


・60秒が待ちきれないほど食べたいものなのだろうか。


・料理にかけられた時間はその料理のおいしさと比例する。


・時間も大切だけど、それ以上に大切なものを日本人は忘れているのではないだろうか。





翻訳:しょぼん
出典:McDonald’s guarantees your order in 60 seconds or you get free burger
 マクドナルド フードストラップ第2弾 全6種コンプリートセット[数量限定版]