ソフトバンク お父さんBIGストラップ


 ソフトバンクは海外で活躍する人材を育てるため、英語能力テスト「TOEIC」で高得点を取った社員を報奨する制度を月内にも始めました。990点満点で900点以上なら100万円、800点以上なら30万円の一時金を一律支給します。昇格や採用の基準にTOEICを活用する企業はありますが、報奨金で英語学習を促すケースは珍しいとのことです。このことに対する海外の反応がありましたのでまとめます。

ソフトバンク株式会社(英称:SoftBank、SOFTBANK CORP.)は携帯電話等の電気通信事業者や、インターネット関連企業、出版社等を傘下に置く持株会社。また、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもある。

 







photo_1357911835616-1-0



ソフトバンクがTOEIC900点取った社員に100万円払うことに対する海外の反応:


・悪いけどTOEICは無駄だよ。ハイスコアの学生に何度も会ったことがあるけど、英語の電話対応に苦戦していたからね。


・点数が低い人でも英語が話せる人の方がいい。点数が高いのに英語が話せない人が結構いる。


・海外の大学では入学試験にはTOEICじゃなくてTOEFLを課している場合が多い。


・どうでもいいけど100万円は魅力的だな。


・社員への自己啓発という意味では効果があると思う。


・スプリントに出向させて顧客対応でもさせるのか?


・ボーナスを増やした方が効果がありそう。


・顧客サービスを向上させるとか他にやることあるだろ。



翻訳:しょぼん
出典: Softbank offers employees Y1 mil incentive to master English
ソフトバンク① 孫正義を成功に導いた3つの発想法 (まんがで学ぶ 成功企業の仕事術)