死刑賛成 ラグラン長袖Tシャツ

 先日、小林薫など3人の死刑が執行されました。死刑制度は世界的にみて少数派のようですが、日本ではどのような認識を持たれているのでしょうか。リサーチパネルが2万9334人を対象に行った「死刑制度について、あなたの意見は?」によると、以下のような結果となったようです。

・賛成:85.2%
・反対:14.8%

さらに各回答に寄せられたコメントを見てみますと、死刑賛成派からは、

「凶悪犯を生かしておくのは税金の無駄」
「大切な人の命を身勝手な事で殺傷すれば死刑をもって償うのは当たり前」
「判決でたらすぐに執行されればいいのに」

といった声が上がる一方、「反対」と答えた人のコメントは、

「死刑にしたからと言って犯罪がなくなるわけではないと思います」
「人の手で、人の命を奪うのは『殺人』と同じ」
「冤罪などを考えると慎重な判決が必要だと思う」

など、終身刑の設置を望む声、冤罪を危惧する声が寄せられているようです。ただし、「反対」の中には、

「死んで終わりだなんて罪が軽すぎる」
「もっとむごい刑に処せられても良いと思う」
「死んでお詫びを?ふざけてる。死んだらそこで終わりなんだから。詫びても詫びても後悔しても許してもらえない地獄を味わってほしい」

といった死刑以上の罰を望む人が少なからず含まれているようで、日本国民の死刑肯定率はかなり高いと言えます。このことに対する海外の反応がありましたのでまとめて紹介します。(参考:日本人の死刑への賛成率は85.2% 死刑より重い罰を望む人も








 





47217cd7.jpg (419×600)
石川五右衛門の死刑



日本人のおよそ85.2%が死刑制度を肯定していることに対する海外の反応:


・驚くことではない。日本は先進国の中で一番、保守反動的な社会だからな。


・日本は先進国だと信じていたけど、間違っていたのかな。


・非人道的だよ。


・畜生にも劣るような行為をした人間を人道的に扱う必要はあるのか?


・■ Sankei – 91.1% ■ Yomiuri – 88.1% ■ Nikkei – 86.2% ■ Mainichi – 84.1% ■ Asahi – 82.2%
 各紙の社会思想を表しているな。最も右寄りの産経が一番高く、最も左寄りの朝日が一番低い。


・殺人は悪いことだとする社会が、殺人で問題解決をすることは、正しいのだろうか。死刑制度というのは国民に暴力が問題解決の手段であるというメッセージを暗黙に送信しているように思う。


・日本は保守的な社会だから。


・中国は99.4%の国民が死刑に賛成らしいな。日本人は中国人と共通した部分がある。


・殺人犯に殺された人の気持ちも考えろ。


・凶悪犯罪者を税金で生きながらせているというのが俺には我慢ならん。死刑制度は必要だと思う。


・自分の家族が殺されたりしたら死刑制度に反対なんてしないだろう。



翻訳:しょぼん
出典:Survey shows 85.2% of Japanese in favor of death penalty
 
死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書)






←恵まれない乞食管理人のために1日1回クリックをお願いしますm(_ _)m

このエントリーをはてなブックマークに追加