dvdevs


 
中国人のチェン君は、3年前に交通事故で左手を失いました。彼は来月の3日に6歳の誕生日を迎えます。そこで、3年前に彼が交通事故に遭った際、治療にあたった武漢連合病院の医師たちが、チェン君にある贈り物をすることにしました。
 







 それは彼が夢にまで見た左手の義手だったのです。医師たちは、湖南省にある3Dプリンターを製造している会社に連絡し、彼のために義手を作ってほしいとお願いしたそうです。中国で義手を作ると、数千元~数万元(日本円で数万円~数十万円)と高額の費用が掛かります。しかし、3Dプリンターで造れば、たったの数百元(日本円で数千円)で済むそうです。また、3Dプリンターで義手を作るのは、中国国内では今回が初めてとのことです。

dvd

dwad

daw

bdtdt
義手を手に入れて喜ぶチェン君
 
 チェン君は自分の左手で、モノを握ることが再びできるようになったのです。彼は嬉しさのあまり、左手の義手をつけてポーズを取ったり、自転車に乗る等、今まで不自由だった生活が格段に改善された喜びに浸っていました。
 このニュースは中国国内でも大きな話題となり、ネット民からは「彼の嬉しそうな笑顔を見ていると、こちらまで幸せな気分になる」「科学技術の本当の必要性はこういうことのためだ」といった感想が届いています。
 

海外の反応:

・驚いた。3Dプリンターで義手が作れるとはね。医療の分野でも3Dプリンターは大きな革新をもたらすだろうなあ。

・すばらしい、彼の嬉しそうな表情を見ていると、幸せな気分になるね。

・新しい手を手に入れて良かったね。しかし、中国の医者たちも、良い人たちだなあ。

・素晴らしい話だ。

・子供の笑顔ほど価値の大きいものは無いね。

・とても嬉しそうだ。

・生涯忘れられない誕生日プレゼントだな。

・技術が進んで幸せになる人が増えるのは良いことだ。

・義手って高いんだな。今までは高すぎて買えないって人も、3Dプリンターのおかげで買えるようになるかもね。

・医者の鑑のような人たちだ。3年前に手術した少年を、ずっと気にかけてくれていたんだな。


Boy receives 3D-printed artificial hand for his birthday
https://www.facebook.com/cctvnewschina/posts/977635618943925