29A643AB00000578-0-image-m-7_1434640659928


 南京事件を題材にした映画『南京!南京!』のなかで、南京城攻略を祝福する日本兵の祭りのシーンがあるそうです。このシーンに対する海外の反応をまとめました。

南京!南京!』(なんきん!なんきん!)(英題 City of Life and Death)は、陸川監督によって製作された中国映画。日中戦争の南京戦とその後に起こったとされる南京事件を題材にした作品。モノクロで制作されており、南京戦の一連の様子が一日本兵の視点から描かれている。4年以上の歳月をかけて脚本を練り、製作がおこなわれた。陸川監督は脚本を書くために膨大な数の日本兵の日記を読み、友人が日本で収集した2000冊以上のモノクロ写真集を参考にしたという。そうした史実資料から構想のヒントを得ているものの、陸川監督は「これは記録映画ではない。戦争での人々の感情を描いた」と述べている。慰安婦のシーンも大きな割合を占めており、監督はこれらのエピソードは大量の歴史的資料の裏づけがあって設定されたと述べている。
本作は日本では公開されていないが、陸川監督は日本国内での上映を強く希望しており、2009年9月21日、スペインで開催された第57回サンセバスチャン国際映画祭における公式会見の席上で、配給会社が決まり日本公開されることが監督によって明らかにされた。だが、劇中で使用している楽曲の著作権問題で配給会社との交渉は決裂し、2011年8月21日に史実を守る映画祭により一日限りの上映が行われた。











・勝利のダンスと言うよりも、戦死者を弔っているように見える。

・このダンスは戦死者への最大の敬意を表しているんだよ。

・独特なダンスだな。

・この映画を見て、日本人は酷い民族だと思いました。

・このあと虐殺が起こったのか?

・日本は中国に敗けたことが無い。

・日本は先の大戦でアジアの諸国に侵攻し、何百万人もの罪のない人々を犠牲にした。しかも、それを嘘だと言って信じていない日本国民が多いという事実。

・狂気を感じるダンスだわ。こんなことをいつもしていたのか?

・南京攻略のあたりは日本軍が一番勢いのあった時だからな。

・興味深い動画だった。

【画像あり】なんかヤバい宗教の貼り紙見つけてしまった……
丸亀製麺の「豚マリぶっかけ」 全国の「まり(マリ)」さんからの苦情で名称変更
【衝撃的】ジーンズを3年履いた結果www(画像あり)

Japanese Victory Dance in Nanjing
https://www.youtube.com/watch?v=vRMTF8ChAAQ