”自宅に自分だけの図書室があったら座り心地のいいリクライニングチェアーに座って一日中本を読みふけってみたい’とか、”図書館や本屋にこっそり泊まり込んでありったけの本を読み漁ってみたい”とか、そんな妄想を抱いたことがある読書家の方は多いのではないでしょうか?

読書好きには何ともたまらない幸せな空間を体験できるのがこちら「BOOK AND BED」。
外国人観光客や日本国内旅行者向けのホステルで9月に池袋にオープンします。
2ACDC00B0000057






 


まるで図書館か本屋のようなドミトリー(相部屋)には壁のように本棚が設置されていて、その本棚に二段ベッドが埋め込まれている構造。
ベッドに入るための小さな入口にはカーテンがつるしてあり、少々のプライバシーは守られるようになっています。
2ACDC0140000057

山のように積まれた書籍は、独自の視点でセレクトされた雑貨や書籍で”本のある暮らし”を提案するセレクトショップ的な書店兼出版社「SHIBUYA PUBLISHING AND BOOKSELLERS」により厳選されたもの。
ソファで読むもよし、ベッドでゴロリと横になって読みふけるのもよし、好きな本を夢中になって読みふけて気づいたら朝だったり、いつの間にかウトウト眠ってしまったり。
どんな本や人たちに出会えるのか、そんなワクワク感あるホステルに一度は泊まってみたいですね。
 
なお、マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏は就寝前の1時間は読書を日課にしているそうです。
「本は人なり」
ビル・ゲイツさんは、一体どんな本を読むのでしょうね。

That's one way to curl up with a good book! New hotel in Tokyo is every bibliophile's dream with bunks built into bookshelves... but don't expect any privacy
http://www.dailymail.co.uk/travel/travel_news/article-3173284/Book-Bed-hotel-Tokyo-bunks-built-bookshelves.html