楽しい想い出の写真が家族の元に戻った。


エミリー クラークは4月に交通事故で死亡した。事故現場から回収された遺品のひとつのiPhoneがクラーク家の弁護士に先週渡された。iPhoneは汚れていたが機能はまったく問題なく、何千もの家族の写真とメールも無事であった。
エミリーの母によると、エミリーの出身高校では、彼女の高校時代での栄誉を称え彼女の名前を冠した奨学金を創設したとのことである。