ある調査結果。中国の学生が最も親の面倒をみるとのこと。
日本のある機関により実施された調査によると、中国がトップ、日本の生徒が最下位だった。


日本、中国、アメリカ、韓国の学生7600人を対象とした調査。「あなたは、高齢の両親の世話をすることに幸せを感じますか?」
中国の学生の87.7%が親の面倒を見るといったのに対し、日本の学生は37.9%のみだった。アメリカ、韓国の学生は半分以上がイエスだった。
しかしながら、これは日本の学生が従順ではないということではなく、実際のところこの調査は、日本人は彼らの家族を経済的に支援しようとしており、家族のための雑用はする必要がないとと結論付けている。中国の学生で経済的に親を支援しようと言うのは6.3%のみである。