業者のミスで家を壊されてしまった話。
中国四川省の男性は、自分の母が旅行で家を留守にする間、問題がないことを確認するため母の家を訪れることにしている。ある日行ってみると家がなくなっていた。


そのエリアで作業をしていた不動産会社がミスでその家を壊してしまったらしい。その会社は地域開発にあたり立ち退きの話をしていたが、同意には至っていなかったので、強硬手段に出たのではとも。警察の捜査の結果、その会社が家を破壊したことを確認した。会社の説明によると、作業員が間違えて彼の母の家を破壊したとのこと。対象の家に繋がっていたことが原因らしい。会社はその家族に補償すると話している。
しかし、彼らは未だに家が再建されることを確認できていない。
ネットの声。ディベロッパーは利口だった。彼らはわざとやったに違いない。