スモッグ対策に悩む中国政府が水の大砲を使っている。
中国北部、中部のスモッグの状態が悪化している。
北京では月曜日、警報を出し、休校や人々に屋内に留まるよう求めた。







 


チリとスモッグの拡散を防ぐため、山東省、湖南省の都市では、道路上に水を撒くための大砲が使われた。
この大砲は9トンの水をくみ上げ、90分間ミストを撒くことができる。空中の粒子やちりを落とすために40メートルの高さにまで水が撒かれていた。