心優しいスチュワーデスが身体が不自由な乗客に食べ物を食べさせている。
中国の航空会社の悪態がネットで話題になることが多いが、ここでは乗務員の行動に対し賞賛の声が上がっている。


食べるのに苦労している71歳の老人を見つけたスチュワーデスは、彼女の業務の枠を超えたサービスを老人に施した。
その老人は引退した医学博士で、彼の妻とともに旅行をしていた。二年前から体に麻痺が生じ、車椅子生活になってしまった。乗務員は彼の席を唯一空いていた広い席に移した。妻の席とは離れ離れになり、妻は彼の介助ができなかった。
「老人に食べ物を食べさせた瞬間、老人は涙を流した」と地元の新聞は伝えている。この瞬間の写真が乗客に撮られネットに投稿、スチュワーデスの親切な行為がネットで感動を生んだ。