中国インターネット企業の百度が中国初の無人運転車を開発した。
3年での実用化を目指している。

 






レーザーレーダー、センサー、多指向性カメラを備え、百度マップを使った無人運転者が、北京の第五環状道路での試験走行を終えた。
試験走行の中で、無人運転車は高速道路に出入りし、他の車を追い抜き、Uターン、レーン変更などを行った。最高速度は時速100kmに達したと言う。

さまざまな道路の状態、特に多くの複雑な道路と条件がある北京において無人運転車が対応できるかどうかが課題であったが、うまくいった。と百度の副社長で無人運転ビジネスの責任者のワン・ジンは述べた。
百度は2013年にコア技術の百度オードブレインを使った無人運転車プロジェクトを始めた。次のステップは、様々な気象条件、雨や雪の中でのプロトタイプカーを含む試験を実施するとのこと。