旅客機の主要メーカーがコックピット内の乗務員への依存度を減らす技術のコンソーシアムのメンバーになった。








 


事後の危険が迫った場合、適切な対応を取るソフトウエアが開発される。
事故を減らす技術が頭打ちになっているのが現状であり、さらなる技術開発を促すことが狙い。
現状では10日ごとに世界のどこかで事故が起きているとのこと。