サル年を控え、日本の福島県の展示会で訪問者の注目を集めている。









 


花の部分が猿の顔のように見えることから猿蘭と呼ばれる蘭が注目を集めている。
この花は南米コロンビア、エクアドルの山岳地帯に見られるとのこと。