中国福建省での話。妊婦が罰金を防ぐために出産日を遅らせようとしている。








 


2016年の元旦に生まれた子は何十年も続いた一人っ子政策を切り抜けたラッキーな子供である。しかし、女の子の赤ちゃんの母親のヤンは、一人っ子政策の罰金12,000ドルを防ぐために出産日をコントロールしなければならなかった。家族中が24時間妊婦を見守り、家族の出費を抑える事が出来た。反対に大晦日に出産してしまった家族もいる。予定日は元旦だったが出産を遅らせることができなかったという。この家族は社会支援費として一万元を払わなければならないらしい。