中国の当局が独占禁止法の精査において電子データに関してMicrosoftに問題を指摘している。









 


Microsoftは当局の要請に応じ説明を提出。当局はウェブサイトに見解を公表した。調査開始から18ヶ月後のこと。

中国の当局はMicrosoftがWindowsとオフィスアプリの互換性に関する情報開示が不十分と疑っていた。

中国の法律によると、顧客への事前警告のない互換性不足は競争阻害行為とみなされる。