ある研究の成果により、今後夜型の人々の睡眠は火星に移住することによってより快適なるだろうと発表しています。


もし早起きがあなたの1日を充実させていると信じているならあなたは火星移住には適さないでしょう。これは宇宙旅行によって影響を受ける体内時計とこの火星という赤い惑星に居住することのメリットを研究した内容です。アンディー・ロウドン教授によると火星の1日は地球よりも37分長いため、夜型人間にとってはこのゆっくり目の自転の方が適しているといいます。

f95440ceec4382ba8f41ddbdb5ca23da 



「夜型のタイプの人の体内時計はこの火星の速度にきっと合うことでしょう。反対に朝方タイプの人間はこの火星の速度に慣れるにはより長い時間を要し、NASAはこのような人材を宇宙移住には選ばないでしょう。」とロウドン教授は言います。「火星移住の計画はかなり進んでいるともいえます。ただもしこの赤い惑星、火星に住むならば一番の大きな問題がこの体内時計なのです。体内時計の進みが遅いタイプ、つまり夜型人間の方がより適しているという研究成果が発表されました。」と、ロウドン教授は言います。
241885d7f3c827ec58387f8192596643 

「地球上で生活するには地球の自転速度に等しく、そして正しく時を刻める体内時計の方がより健康に適していました。そうでない生物は進化の過程を追ってこれなかった経緯もあります。このように体内時計が地球上の生命に不可欠な生存要素として発展してきたのです。」

このような経緯を経てロウドン教授はオランダやドイツ、イギリスの科学者と共同で⒈日を24時間ではなくて20時間のネズミの研究をしました。地球外でも生活できるかの確認のために14ヶ月かけて調整します。然しながらねずみは徐々に20時間の生活に達してもその後また24時間に戻ってしまいました。


このことから地球の回転速度と体内時計には切っても切り離せない関係があることが証明されました。