新しい研究では、オンラインショッピングの場合でも、性の問題を発見しました。


あなたがeBayで入札するとき、ベンダーの名前に気がついていますか?何れにせよ、女性は男性がオンラインで商品を販売して稼ぐことができる金額よりも稼げていないということがわかりました。

824x0_q71_crop-scale 




イスラエルのテルアビブ大学の新しい研究では、女性がeBayで新製品を販売する際、男性が1ドル儲けるのに対して男性は80セントしか儲けられていないことを示しました。サイバーワークスペースの中であろうと男女差別が存在していることを意味しています。


シアトルにあるワシントン大学でインターネットと通信を研究している学者でベンジャミン・マコヒル氏は「ebayのような仕組みの中でも性が販売の実績に少しは影響を及ぼしてしまう。言い換えれば販売成果の結果が性によって決定付けられている印象を受ける」とコメントしました。


イスラエルの研究者は2009年から2012年にかけての2年間、約110万サイト上取引間のオークションにかけ、最も人気のある製品の420点を確認しました。

そして男性と女性が同じ製品を販売しようとしたときに何が起こったかを調べました。

売り手が女性だったときに(少なくともサイト上で女性の名前を持っていた)時に、オークションはより少ない入札結果となり、最終価格も安くなりました。新品の場合はこれがより顕著でセカンドハンドの場合はあまり影響がありませんでした。