何もやらないのではなくて、何もしないという新しいアプローチについて学びましょう。


怠け者にも価値があります。信じられないかもしれませんがイタイ・ケシェット氏は以下のように言っています。
824x0_q71_crop-scale 



「次回皆が忙しそうにしていたら、あなたは忙しくない道を選んでみてください。時間を無駄にしていると感じるかもしれませんがそんな必要はありません」ケシェット氏は芸術と科学そして歴史について探る独自のウェブシリーズ「低迷」のエピソード2の中でそのように提案しています。


ケシェット氏は何もしないことに意義付けをしています。彼の開発プロジェクトは4人のイスラエル生まれの映画監督を例えにとって何もしない時間が創り出す時間の大切さを説明しています。


イスラエルのベングリオン大学のマイケル・バー・イーライ教授も、何もしないことの利点を指摘しました。英国のクラウド愛好家ギャビン・プレター 氏は自分の時間を過ごす大切さを説いていますし、ドイツ人アーティストのイグナシオ・ウリアルテ氏は単調な日常についての充実度を語っています。英国の文化評論家スティーブン・プール氏は、仕事が進化した場合と我々の価値の関連付けについての本を書きました。


「何もしない」ということがただ単に「無」となってしまうのではなく、大きな研究のテーマになる程意義のあることだということです。忙しくするだけではなく、一旦立ち止まって空を見上げる行動に意義を持つこともあって良いのではないでしょうか。