最小ブログサイトのTwitterで喫煙者は伝統的な方法よりも実際に禁煙に効果がだせるでしょうか?


カリフォルニア州アーバインにあるスタンフォード大学の新しい研究は「Tweet2Quit」といい、自動化されたTwitterベースの禁煙介入プログラムです。このたび伝統的な禁煙法より2倍の成功率を弾き出しました。
smoker 



「Tweet2Quit」は、一般的なソーシャルメディアプラットフォームをまねて、喫煙者のグループに自動化されたメッセージを送信し続けることによって相互に喫煙を支え合っている仮想空間を作りました。


このプラットフォームを使用しての2ヶ月後「Tweet2Quit」ユーザー40%が喫煙に成功し、一般的な喫煙方法の成功率の20%を大きく打ち負かしました。


「私たちの結果は低コストで今時のツールを使い、そしてかなり具体的に禁煙への成功を導き出せています。今後はより一般的に世界中へと広げていけたらと思います」とマーケティング教授コーネリア・ペチマン氏は言います。

 「Tweet2Quit」は22%が自動化されたメッセージで77%は参加者の自発的なメッセージによるツイートだったと言います。グループメンバーがお互いにタバコの害をを話し合いました。