ニューメキシコ州のブルーホールで水中通路の探査を手伝ったベテランサンディエゴのスキューバダイバーが潜水中に溺死しました。


3月26日、43歳の経験豊富なダイバー、シェーン・トンプソン氏とADM探査財団メンバー、マイク・ヤング氏は水中トンネルの完全な地図を描画するために洞窟に入りましたがトンプソン氏は再浮上することはありません。scuba-diving



トンプソン氏はブルーホールの下の洞窟で立ち往生してしまい、そこから抜け出せずにその晩を過ごしてしまいました。当局は、彼が不慮の溺死で死亡したことを確認したが、死亡解剖報告書は今後数週間ほど時間を要すとしています。


トンプソン氏は、2013年以来、洞窟システムの地図の作成に取り組んできており、今回はブルーホール調査のために数日間のダイバーとして財団からの要請を受けていました、と警察署長ジュード・ガレゴス氏は報告しました。


ダイバーが約160フィートの深さ洞窟を探索しようとしていました。ヤング氏は、トンプソン氏が外にとどまりながら洞窟に入ることになっていましたがヤング氏が中に入った時、何かでトンプソン氏はパニックを引き起こしたと報告されています。そこで両方のダイバーは狭い運河に閉じ込められていました。なんとか狭い運河を抜けたところでトンプソン氏は未着手の洞窟へ入って行きました。ヤング氏はトンプソン氏を探しましたが、それは遅すぎ彼の体は、次の日に回収されました。


トンプソン氏は20年に及ぶ高度な技術を持つリブリーザーダイバーとして働いてきた、経験豊富なダイバーです。彼はまた、海軍でダイビングのインストラクターもしていました。