動物権利擁護団体は、主要なマイルストーンとして法案を提案しました。

イスラエルの一般市民が動物虐待の抗議をしたことから、イスラエルは毛皮のコートの販売を禁止する、世界で最初の国になる可能性がでてきました。
824x0_q71_crop-scale 



イスラエル議会であるクネセトのメンバーによって2012年7月に提案された法案は、厳密には、ファッションのために使用される毛皮の使用を禁止内容になっています。法案は経過していないものの、動物権利擁護団体は、その原因究明とともに、大きな前進としてこれを祝っています。


国際反毛皮連合と「動物を生かそう(Let Animals Live)」が運営する世論調査では、イスラエル人の86パーセントは、人間の毛皮欲しさの為に動物を殺すことは道徳的に間違っていると信じていて、79パーセントはこの行為を国中で禁止する事をサポートサポートしていることがわかりました。


カリフォルニアのウエストハリウッドや、イスラエルのフィンガル、そしてダブリンのようないくつかの都市は現在毛皮を禁止していますが、国としては行っていません。この法案が通過すれば、イスラエルは他の国が追随できる為の道徳的な道を開くことができるでしょう。


「人々の意識改革のために戦い続けることは日々の積み重ねであり、この法律はこらからも週百万引きという動物を救うことになるでしょう」と ジェーン・アレビ国際反毛皮連合の会長は語りました。