何マイルも離れたところから猫に餌をあげましょう。

「猫を見る(Cat2See)」も自宅にいなくても飼い主がインターネットを介して自分のペットと遊ぶことができることを許可しています。824x0_q71_crop-scale



警戒なく日当たりの良いソファに横たわって、家の周りをゆっくり散歩したり、リブングルームに我が物顔で昼寝をしたり、我が物顔で生活しているように見えるのがネコ科の動物です。

でも多くの場合、彼らは家に一人で留守番をしていて、夕食までの時間を持て余しているようにも見受けられます。



(イスラエル発祥の「犬チャンネル(DogTV)」の仲間が加わった) 「猫を見る(Cat2See)」はチェックしてみましょう。テルアビブ(Tel Aviv)を利用したこの新作は、飼い主が別の大陸にいる場合でも、飼い猫と遊んばり餌を与えることを可能にしました。開発者のギル・ゲルファント氏はウェブカメラと自動エサやり機とiPhoneアプリを組み合わせることに成功しました。あなたの猫はこれで決して家で一人ぼっちではありません。


「ウェブカメラを通してあなたは自分の猫が何を企んでいて、いつお腹が空いているのかも見つけることができます」とイスラエルタイム誌においてゲルファント氏は説明しています。「あなたがエサやり機を携帯電話で操作し、ボタンを押せば餌がこぼれ落ちるようになっています」


しかもCat2Seeはただ餌をやるだけではありません。ウェブカメラは遠隔からインターネットに接続されたリモート制御のおもちゃを使用して所有者が自分の猫と遊ぶことができます。接続できないときは写真やビデオを録画し、しかもInstagramにそれらを投稿することもできます。 (「 Cat2See」の従業員は毎日自分の好きな写真を選択し、自分のFacebookのページにそれらを投稿しています )


「Cat2See」はまさに絶好のタイミングで市場に参戦しています。アメリカペット製品協会によると、ペットの飼い主は、昨年自分のペットに$ 55.8億ドル費やしているといいます。