流暢に二つの言語を話す能力は、実質的には精神的な器用さをも増大させていることを新しい研究は示しています。


科学者チームは、子供のころからバイリンガルであった人は大人になってからより複雑なアイデアをひねって問題を解決したり、迅速な思考でトピックからトピックへ移れたりするのに秀でていることを発見しました。824x0_q71_crop-scale



研究では、 2言語の流暢さを持つのに必要な自発的で、柔軟で、複雑な思考形成が強化されているかを判断するためにあるグループの実験を行いました。イスラエルのハイファ大学にある脳研究センターのエドモンド・J・サフラ研究者によって行われました。


あるグループは、ヘブライ語と英語を話す同じぐらい流暢に話す生粋のバイリンガルです。そしてもう一つのグループは学校で英語を少し習っただけのヘブライ語のスピーカーで構成されていました。参加者は、認知の柔軟性を確認できるように設計された一連のテストを求められました。


結果は歴然としており、バイリンガルの大人がより思考が早く、独創性に富んでいて、トピックヘの変換が早いことを示していました。

研究の結果は「心理学」の雑誌にも掲載されました。「バイリンガリズムは一定の認知機能と関係しており、認知と脳活動を測定し理解することは子供の知覚やアイデアを形成するなどの特定の認知機能を向上させる研究にも役立つであろう」とサフラ研究者は言っています。