自分の国のチョコレートよりもスイスやベルギーのチョコレートの方が美味しいと思いますか?もしイエスなら酵母の存在について感謝した方がいいでしょう。チョコレートやコーヒーに様々なテイストを作ることができるの可能性を酵母が持っているという新しい研究があります。improved-coffee-taste
 



調査によると、ワインの生産はいくつかの重要なプロセスがありますが、チョコレートとコーヒーの生産は違います。

ワインは 最初にオーク樽のような中でぶどうを発酵させ、次の樽へと入れ替えても最初の酵母を残しています。チョコレートやコーヒーは異なった酵母を持っているため、原点から発酵させることはしませんでした。

しかしアメリカのシアトルにある太平洋岸北西部糖尿病研究所のエイミー・ダドリー氏の新しい研究はそれをひっくり返したのです。カカオ豆の周囲についている果肉の発酵をしました。豆の周囲のペクチンのパルプを消化するために乳酸菌と酢酸菌を使用しました。その結果収集されたカカオの酵母が商品の風味や色などの特性に重要な役割を果たすことがわかりました。


研究者はチョコレートとコーヒの酵母は、ワインを作ることに関連した酵母より大きな多様性を持っていると述べました。