もしあなたが妊娠していて、健康な赤ちゃん出産されたいと考えているなら、サーモンをお勧めします。妊娠中のお母さんがサーモンを食べたか食べなかったかの結果によって明らかに生まれてくる子供が喘息を持つ可能性が低いことがわかりました。


子供が喘息を持ってしまうことを望む人は誰もいません。一方で喘息や息切れなどの肺気道において慢性疾患はかなり一般化されてしまっております。適切な処置がない場合生命を脅かすことすらあります。

salmon


サウサンプトン大学の教授フィリップ・カルダー氏は、研究の目的のために妊娠中の女性を2つのグループに分けて調査を行いました。妊娠19週目の母体の女性に週に2回サーモンを食してもらいました。そしてもう一方のグループにはそのお願いしませんでした。


赤ちゃんが生まれた後は、アレルギー検査は行いました。最初のアレルギーテストは赤ちゃんが6ヶ月になった時です。2回目のアレルギーテストは赤ちゃんが2−3歳になった時でした。

その結果は驚くべきものでした。


生後6ヵ月の時点では、アレルギー率は両グループの赤ちゃんの間で同じでした。しかし、第2のアレルギーテストでは興味深いことに、サーモンを食さなかった母親の子どもたちに比べて、サーモンを食していた母親から生まれた子供は、喘息の少ない確率が低いことがわかりました。


脂ののったサーモンは、ビタミンB12 、ビタミンD 、ナイアシン、セレン、オメガ-3脂肪酸、タンパク質、リン、ビタミンB6の優れた供給源です。つまり健康上の利点が豊富です。


この妊婦のサーモン摂取は、栄養と免疫との関係をよりよく理解されるために行われました。