ケーキミックスの箱は購買者を誘惑し、パッケージはかなりおいしそうなケーキで飾られています。ある研究者は、このようなデコレーションされたケーキのイメージはケーキをもっと消費させようという目的でのみ製作されていて、奨励されるべき消費サイズについての責任を全く負っていないと言います。


コーネル食品とブランド研究所のジョン・ブランド氏とブライアン・ワンシンク氏、そしてアリゾナ大学のEller管理学校のアビ・コーヘン氏が新しい研究の結果発表しました。
cake
 


研究では、「ケーキやパンケーキミックスなどの商品の箱には内蔵されていないトッピングやソースや飾りが施されていて、実際のものよりも大きく見せかけています。この虚証が人々に食品を食べる際に大盛りにさせてしまう傾向をつくているのです」と言います。


研究者は結論に到達するために4つの異なる研究を設計しました。


研究1では、さまざまなブランドから51ケーキミックスを採用し、食品店の協力を得て、装飾品のカロリーも併せて表示しました。

研究2および研究3では、学部の学生の協力を得て、消費者にケーキミックスの箱を見せて「どのくらいの量がサービングされるべきサイズに思います?」とインタビューするのと「栄養表示に載っていない装飾部分も含めたか否か」について意識調査をしました。


研究4は2と3の研究とかなり類似していますが、回答者は食品サービスの専門家です。合理的なサービングサイズを推定する質問をしました。


ジャーナル公衆衛生栄養に発表された調査結果は、パッケージに装飾されたケーキの描写が約135パーセントもより多くのカロリー表示をしていることが明らかになりました。また装飾されたケーキの提示は明らかによりサービスを提供し、より多くを食べるために、参加者に影響を与えました。


研究に基づき、研究者らは食品会社がすべて誤解を招くようなイメージを描いているか、パッケージを見直し、エキストラ」は栄養ラベルに含まれていないことを消費者に知らせるパッケージにするべきであると言います。