糖尿病の成人の数が40年で4倍も成長しています。 1980年は全世界で 糖尿病例数は108万人でしたが2014年には422万に急増し、およそ成人の11人に1人の割合であると 世界保健機関 (WHO)が発表しました。

WHO は、肥満の発生率が上昇し、高齢化が世界的な糖尿病症例の増加を牽引する要因の一つであることを報じています。
diabetes-testing 



糖尿病に対しての初めてのグローバル・レポートでは、国連の保健機関へ糖尿病患者に対して治療改善の努力を求めたことが最初ステップになっています。

インスリンによる糖尿病の薬や技術による治療が著しく遅れているのは貧しい国に偏っていることも顕著です。

「3カ国に1カ国の割合で貧しい国においての糖尿病治療薬や技術が不足しています」WHOのエティエン・クラグ氏はコメントしています。

クラグ氏は、「インスリンおよび他の医薬品へのアクセスの改善を優先する必要がある」と付け加えました。


糖尿病の発生率は世界的に上昇していますが、裕福な国に比べて低い所得の人々への影響の方がより顕著なのです。


アフリカ、アジア、中東、においては東地中海地域より2倍近くの糖尿病症例が出ており、人口の13.7パーセントにも登っています。WHOマーガレット・チャン局長は

「糖尿病の上昇を停止させるには、自発的に私たちの日常生活を再考する必要があります、健やかに食べること、適度に運動することが過度の体重増加を避けるために必要です」と述べています。