研究者らは、体内のより高いビタミンDレベルが癌のリスク減少させることを発見しました。


PLOS One誌に発表された研究では、UCサンディエゴメディカルスクールの研究者たちによるもので、ビタミンD 、特に血清25-ヒドロキシビタミンDまたは25 ( OH ) Dのより高い量が、浸潤癌のすべてのタイプを予防する能力を持っていることを示しました。これようにビタミンの能力を定量化し、文書化されたのは初めてです。
sunbather 



セドリック氏とフランク・ガーランド氏は高緯度に住んでいる人は、ビタミンD欠乏であり大腸癌の高い発生率を持っていることを1980年発見しました。またビタミンDはその後、膀胱、肺および乳癌にも関連があることがわかりました。


体内のビタミンDのレベルを測定する唯一の方法は、血液検査になります。研究者は、 25 ( OH ) Dの増加に伴い癌の発生率が低下しているのを発見しました。実際には、血液中の40ng / mlの25 ( OH ) D濃度を持つ女性は、血清レベルが20ng / ml以下の人たちに比べて癌を発生する確率が67パーセントも下がりました。


研究者たちは、ビタミンDの最適な毎日の摂取量を決定することはできませんでしたか、25 ( OH ) Dの血清レベルが40ng / mlであれば発ガン率は極めて低くなると言っています。