米国の食事ガイドラインでは、全脂肪乳製品を低脂肪の消費をよりも推薦しています。2つの新しい研究の成果から全脂肪乳は悪くないことを示しています。


「循環ジャーナル」に発表された最初の研究では、全脂肪乳製品の摂取量が世界的に4.22億の成人に影響を及ぼし、糖尿病を引き起こすことに際して低リスクであると発表しました。
milk 



研究者は過去15年間に渡って参加者の血液中の脂肪分を研究した結果、全脂肪乳製品を摂取していた人の方が46%も糖尿病を引き起こす危険が低いことを発見しました。まだ脂肪が糖尿病リスクをどのように軽減できるかは明確に発見できていませんが、一つの理論として乳製品の脂肪はインスリンに対する身体の感度を向上させることができるということです。


酪農脂肪は、食品から砂糖を打破するために、肝臓や筋肉の能力を向上させることができます。このようなチーズのようないくつかの高脂肪乳製品はインスリンに対する身体の応答を向上させることができることも同様に可能です。


アメリカ「栄養のジャーナル」に発表された第2の研究では、研究者は健康調査に参加した女性の脂肪や肥満のリスクに低脂肪の乳製品を摂取の影響確認しました。高脂肪の乳製品を消費者することで肥満や糖尿病の発生を8パーセント減少できることがわかりました。


高脂肪の乳製品を食べると空腹感が薄れより少ない量の摂取になります。

全脂乳製品の有益な効果を確立するためにまだまだより多くの研究を必要とされています。