新しい研究ではグルテンフリーダイエットのためのグルテンフリーの食材は、一般の食事に比べて500%の高値になり、平均的なオーストラリア人には手の届かない食材であるといいます。


ウーロンゴン大学の研究者は核家族、独身者、高齢独居女性、若い男性の単身者を対象にグルレンフリーの食事とそうではない場合の食事調査を行いました。
d537ff346e1d62af8df08c9872d0d963 


この研究はオーストラリアの栄養士協会の「栄養と栄養学のジャーナル」に掲載されました。


研究者は「本研究においては栄養のみならず所得との比較・比例も同時に行いしました」と 栄養士ケリー・ランバートさんは news.com.au.に語りました。


「もし食費が所得の25%以上になると人は手が届かないと感じ始めます。そうするとグルテンフリーのほとんどの食材は「手が届かない」というカテゴリーになってしまうのです。


「核家族は、食品に所得の40%を費やして、若い男性の単身者は75パーセントを、高齢独居女性は30%を費やしていました。 」

いくつかのグルテンフリーのアイテムは、通常の成分よりも5倍もの費用が掛かっ輝います。グルテンフリーのラップは 316パーセントより高価で、小麦粉より574パーセント高価でした。



人口の約1パーセントにあたるセリアック病を持つ人々は医学的理由のため、このダイエットを実行する必要があります。でも一般的な人には不向きなようです。