ビュッフェスタイルのレストランの場合、どこまでは許されて、どこからは犯罪行為になってしまうのでしょうか?


21歳の青年と母親は答えを知ったと言えます。あるレストランの真ん中で夕飯を取っていた時の出来事です。14.49ドルのシーフードビュッフェである人物が、一般的というにはあり得ない量のカニの爪の料理を独り占めしてしまったのです。

40 PM 



犯人は46歳の男性でクリフォード・ナイトと言います。同じ列にいた38歳の女性が唐辛子スプレーをかけて乱闘を収めたおかげで、青年の母親は幸いなことに乱闘から逃げることができました。この46歳の男性がカニの爪を奪ってしまった張本人で、ある若いカップルはこの乱闘で前歯を折ってしまったとフォックスニュースは報じました。このクリフォード・ナイトは現在、三度の暴行によっての損害責任の罪に負われています。


ビュッフェ乱闘事件後にロイヤル・ビュッフェ&グリルは一時的に閉鎖されました。マンチェスター消防署や、保健省が唐辛子スプレーについて調査をしました。通常この唐辛子スプレーは自己防衛用に使われるべきものだと言います。

このスプレーがレストランで使われてしまったことに対して安全面の調査が終わるまでレストランは開店できないそうです。