EW YORK ( CNNMoney )によると - ターゲットは、その店舗で性転換されたお客様が自分の望むトイレを使って良いという方針を発表しました。


「我々は、性転換者の従業員と客が自分の性自認するトイレや試着室を使うことを歓迎します」と言います。「人は誰でも自分が帰属すると信じるところを使っていいはずです」

Unknown


米国の州議会はここ数カ月、自分の出生証明書に記載されている性別に対応するトイレを使用するよう強制する提案を議論しています。


ノースカロライナ州の知事も3月下旬、そのような法案に署名しました。ミシシッピ州は、ゲイ、レズビアン、バイセクシャルや性転換者の人々に対する差別発言を法的に可決しました。


ターゲットが本社を置いていミネソタ州では、共和党の州上院議員が、個人の「生物学的性別」に基づいて、トイレ、ロッカールーム、ドレッシングルームへのアクセスを制限する法案を提案しています。


多くの大企業は、従業員と顧客の双方に対する「トイレの法律」として差別と戦っています。