2016年4月19日(火曜日)( HealthDayニュース) - HIVの人でアルツハイマー病と診断とされた最初のケースが発見されました。

HIVの生存者が長寿になりアルツハイマー病が発生する年齢にまで達成していると言います。


71歳の男性が脳内にアミロイドタンパク質の凝集塊を発見され、これは今まで、脳内のHIV関連の炎症はであり、場合によってはアルツハイマー病からこれらの人々を保護するかもしれないと信じられていました。

85


「この患者は、HIV陽性の患者における認知症の存在について大きな論争の火種となるかもしれない」と研究著者のDr. R.スコット・ターナー氏は述べています。彼はワシントンD.C.のジョージタウン大学メディカルセンターの記憶障害プログラムの責任者です。


HIVや認知症の高齢者はHIV関連脳障害と誤診することがあることを示唆していますが、実際にアルツハイマー病を持っていつkらが出てきたのです。それはターナー博士によると、 HIVの高齢者は、HIV関連脳疾患およびアルツハイマーの両方を持つこともありえますと言います。


長寿になったことは朗報ですが問題は自身がHIV陽性の患者であることも忘れてしまう可能性が出てしまったことです。