トム・ローさん17歳は、自動社運転免許の最終試験が開始して10分、彼の車の前方の道路に鹿が現れました。「時速60マイル(時速100キロ弱)で走っていました。鹿を見つけてブレーキを踏みましたが間に合わず、鹿を殺してしまったのです」

クロケスター近くを走行中の出来事でした。「車をすぐに路肩にとめると私の教官が鹿を確認い行きました。教官は「我々にできることは何もないんだよ。君が悪いわけでもない。試験を続けましょう」といい、試験は継続されました。
_89362839_tomlo1 



驚くべきことに、トムは2つの小さな失敗をしましたが、運転免許試験に合格しました。

鹿を引いてしまたことはショックでしたが、何とか試験を続けることができました。


非常に珍しい事件であり、このようなことが生涯運転してても起こらない人もいます。「本当にショックで正直何をすればいいのか分かりませんでした。でも試験にはパスしたい思いでした。いい結果が出るように一生懸命運転しました。」教官だったロバート・ジェジルスキーさん56歳は「かれの合格を告げると、彼は少し黙ってしまっていました。ほとんどの学生は笑顔を見せて、親指をあげたりします。しかしトムは静かでした。明らかに戸惑っているようでした。たぶん、ナンバープレートは割れてしまって、3インチほどの傷を車に付けてしまたことも起因しているのでしょう」でも彼には「この程度の傷で住んで幸運だったんだよ」と教えてあげました。

_89362839_tomlo1