グレートバリアリーフは 今エルニーニョ現象と気候変動の結果死にかけています。


今週、サンゴ礁研究でエクセレンスARCセンターの科学者は、サンゴ礁の大規模な調査を完了し、グレートバリアリーフの 93パーセントは記録市場最も深刻な白化現象の影響を受けていることがわかりました。

Unknown-1


「このようなスケールでの白化現象を見たことがありません」とテリー・ヒューズ氏は声明を述べています。 「 まるで10個の台風が一斉に上陸してしまったかのようにグレートバリアリーフ北部が壊滅しています」

サンゴの白化とはサンゴにストレスが加わり白色化してしまうことです。回復の時間を与えないとサンゴは死んでしまうこともあります。


世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフは、クイーンズランド、オーストラリアの沖に位置しており、1400マイル以上にわたっています。これは、3000個以上のサンゴ礁で構成されています。


ナショナルジオグラフィック、国立海洋大気庁のサンゴ礁監視官マーク・エアキン氏はインタビューで「非常に気のめいる状況。 」とコメントしています。