中国の環境汚染の政策はやっと東アジアの一部の状況を確認している間に、中国西部の大気汚染は、ますます悪化しています。

上海と北京の場合のように、いくつかの地理的違いもあって、政府の「大気汚染防止管理のための行動計画」は、中国西部には不向きのところもありましたが、結果としてみると大気汚染は昨年よりも進行していることがわかりました。
gansu_pollution 



排出ガス規制の厳しい基準は、東部中国地方の状況を改善しています。しかし、東で制限的な制約を回避しようとしている工場は、西部地域に多くの石炭駆動の発電所を持ってきました。環境保護省からのデータとグリーンピースの分析によると、そのような工場のライセンスの75%が中央または中国西部において昨年、付与されたことがわかりました。


中国の大気汚染の東西の不均衡の背景には多くの数字が潜んでいます。グリーンピースの報告書によると


中国全体の362の都市で、 PM2.5レベルが8.8%も2015年の四半世紀で落ちたのに対して、北京や上海はそれぞれ27%、12%も落としています。しかし355のうち91の都市ではPM2.5レベルが上昇しているのです。そのうち69は中国の中央、西部地方になります。



グリーンピース東アジアのドン・リアンサイ氏は中国政府はこの傾向を止めると読んでいます。:

調査結果は政府の措置は、中国の主要地域である東部のの大気汚染を抑制するために機能しましたが、今回はこの処置に変更が生じていると言わなくてはなりません。一部ではなk、全体の空気清浄に努めなくてはなりません。