13億人以上の人々が暮らす中国。私たちは時々地獄かと思うほどに混雑した中国人の暮らしぶりを目にします。しかしながら、中国には広大な土地があり、その領土の中には人が住んでいないところもあるのです。そしてその中にはたった一人で住んでいるところだってあります。

リウ・シェンジアさんがその一人です。甘粛省にあるシェンシャンシュ村にただ一人で住んでいます。ご近所は皆、引っ越されたか亡くなられてしまいました。ただ、何匹かの羊がいるのみです。
one_man_village 



CCTVによると、リウさんは約10年前から一人でここにいました。他の村人が希少な資源を求めて移住していく間、彼は彼の高齢な母親の世話をしていました。やがて彼女が無くなるとそこには彼と羊しかいなかったのです。


リウさんは彼の時間のほとんどを羊の繁殖に費やしています。これっぽっちの楽しみを語る以上に彼の生活は過酷です。水を手に入れるために何マイルも歩かなくてはなりませんし、食品を仕入れるのも人困難です。自給自足の生活に切り替えようとしています。近くの森を管理することで小銭を稼ぐこともしていて、基本平和的に暮らしているといいます。リウさんの生活は居心地が良さそうとも言えます。自宅には電気も、携帯電話もありますし、予備のベッドも万が一に備えて用意されています。

「ここで生き残ることに問題はありません。でも機会があったら都会へ引っ越すことも考えまあす」とリウさんは言います。