前立腺癌の生存確率を向上させることができる定期的な運動療法を研究者のチームが発見しました。


その研究の結果は、 4月25日にニューオーリンズでの米国癌学会の年次総会で発表される予定で前立腺癌患者が自分の生存期間を改善するために、ミドルからハイレベルの身体活動を維持すべきであると米国癌協会はお勧めしています。exercise



研究では、 50代から93歳の年齢の10,000人以上の参加者が関与しました。参加者は1992年に2011年の間に前立腺癌と診断されましたがこの研究の成果では体内の他の組織に広がっていないこと確認しました。


ごく一部の研究参加患者は、座って過ごしていました。激しい運動への穏健派は、テニス、水泳とラケットボール、ジョギング、ウォーキング、サイクリング、ダンス、エアロビクスを行いました。


参加者によって運動の速度を測定するために、研究者は活動の週代謝当量( MET )時間を測定しました。男性の活動は、前立腺癌の診断を受ける前と後の両方で行いました。


物理的な運動をした患者は、少なくとも運動をしなかった患者に比べて前立腺癌による死亡の30パーセントリスクを減少できていました。


保健機関は、適度な運動とは週に75分から150分を推奨しています。