フランスのメディアによって「恐怖の歯医者」と呼ばれたオランダ歯医者は、社会保障サービスと患者の口内に対して詐欺行為を行ったとして火曜日に懲役8年を宣告されました。



フランス中央に位置するヌヴェールの裁判所によるとこの歯医者はある年金受給者を椅子に座らせて一度に8本の歯を抜いて、何万ユーロという金額をだまし取った疑いがあるためと発表されています。


「これは大きな進展です。海外からの経験者を国に招き入れる場合、今後なお一層慎重にならなければなりません」とニコール・マーティンさん、今回の歯科医に対しての法的処置をとった責任者は言います。この歯科医はカナダに逃亡を図りましたが、フランスに連れ戻されての実刑となりました。