トイレ休憩を装った罪で逮捕された宣誓供述書によると、34歳の女性は卵を投げて暴れまわり、刑務所ににおくられました。


ベロビーチ在住の男性は、インディアン・リバー郡の保安官にランディ・ワーナー氏が来た、4月7日午前2時について語りました。
randi_warner 



ワーナー氏は、「バスルームを使用させてください」というので男はOKと答えました。


トイレを使用した後に、ワーナー氏は動揺し始め、男の家のものを破壊し始めました。


被告(ワーナー氏)は、約1ドルぐらいのお皿を壊し、冷蔵庫から卵を取り出して、リビングルームをいっぱいにするほど部屋で暴れました、と宣誓供述書に書かれています。

また男はワーナー氏のテレビをゴミ箱行きにし、彼の顔や胸を引っ掻いたと言います。


トイレットペーパーがトイレになかったとか、何かバスルームに異常があったということはないようです。男はすぐに警官を探しに自転車に乗ったと言いますが、見つけられなかったと言います。そして自宅に戻ろうとすると道を歩いているワーナー氏を見つけたと言います。


男の言う音が正しいのか、女の言うことが正しいのか、操作はまだまだ続いています。