パースのカビタ・クーマ氏とアニタ・ヤップ氏はスビアコに赤ちゃん専用のスパをオープンしました。


赤ちゃんスパパースは、幼児のための。リラックスした安全で快適な入水経験をうけるために発足されました。09b2cdc056455672579121b7f158b5fe



ベビースパの創設者のローラ・セベナズ氏 という元競泳選手でロンドンで訓練を受けた共同所有者とカビタ・クーマ氏とアニタ・ヤップ氏という姉妹が協同経営者です。


「赤ちゃんは、暖かい水に浮くような感覚で、強烈な喜びと満足と好奇心を表現し、ご両親はきっと驚かれるでしょう」とクーマ氏は述べています。


赤ちゃんが浮く、浮選装置は 0〜6ヶ月齢の赤ちゃんにも対応しています。


年齢に応じて、個々の新生児のポッドやハイドロセラピースパに約30分間浸かる事ができます。


浮遊状態によって赤ちゃんは自分の動きの開発を進めることができ、水の中で自由に移動することができます。


ヤップ氏は、入水の経験は、睡眠などの健康上の利点を提供するとともに、風邪や便秘などの不快感を減少させますと述べました。

また定期的な訪問によって心血管および呼吸器系を支援することができ、赤ちゃんの筋肉や骨構造を強化するそうです。