メイン州バンガーで12歳の少年がスクールバスを盗み、運転の喜びを味わったのもつかの間、通行人に差し押さえられました。



地元警察の発表によるとジョン・ジャーメイン氏とそのガールフレンドはスクールバスを運転している人が明らかに若すぎるだろうということに気がつき、バスを止めようとそのバスを追いかけ、少年から運転を奪いました。そして警察に届けたのです。



彼らはバスが交差点で停止したときに、ジャーメイン氏は自分の車からバスに乗り移り、運転権を奪いました。

12歳の少年はその場で逮捕されました。


警察はジャーメイン氏を物的損害やもしくは死亡事故を起こしていたかもしれないことに対して未然に防いだことに敬意を表し、賞を与えました。