米郵政公社( USPS )の調べによると2015年犬に襲われた郵便配達人の数は6,549件ということがわかりました。


更に犬に襲われた件数が高っかった市を調べると51の市の中で30都市攻撃数が同じでしたが、テキサス州のヒューストンが77件と最多でした。つ空いてカリフォルニア州のサンディエゴ、オハイオのクリーブランド、などがそれぞれ58件でした。
angry-dog 



イリノイのシカゴや、テキサスのダラスが57件で第3位と続きます。この報告を受けて従業員の安全向上を目指してガイドラインを変更しました。

受任にはもし犬を飼っている場合は、その住所を郵便局に報告する様に求めています。この新しい試みは5月13日より開始したと郵便局のホームページは告げています。



疾病管理予防( CDC )米国センターによると、国内で約450万人が毎年、犬に噛まれたという報告をしています。また5人に1人が感染症などに感染しているといいます。


特に5 〜9歳の子供の場合が多いそうです。また男性の方が女性に比べて噛まれている率が高いとも言います。驚くべきことに、多くの犬の咬傷例は、家庭で起きています。さらにもっと奇妙なことにこれらのケースの多くは、愛犬に噛まれているという事実です。