スモーキー山脈公園でハイカーが噛まれた後、間違ったクマを射殺してしまいました。


今月頭にハイキングをしていた男性が足を噛まれたという報告があり、そのクマの行方を追っていました。公園の管理人はそのクマの行方を追っており、ハイカーは病院で治療を受けたあとに帰宅していました。



治療を受けた病院ではクマのDNAを鑑識かけて調査を進める予定でしたがDNAの結果が出る前に公園の管理人は約180キロあるクマを比較し殺害してしまいました。


殺害されたクマの歯型からもハイカーを襲ったクマとは全く違うことがわかりましたが公園管理人は「このような大きなクマが人を襲わないとは思えなかった」と言います。


この公園には約1,600頭のクマがいます。それぞれにGPSをつけて管理に努めていますが毎年人間が襲われるという被害も報告されています。