これまでに世界で生まれた最も重い女性 - 母体はなんと6.8キロの女の赤ちゃんを出産しました。


ナンディニさん19歳は、インド南部ハッサン国営病院で月曜日の夜に帝王切開によって彼女の最初の赤ちゃんを出産しました。



平均体重は3.4kgと言われる中、今回のナンディニさんの赤ちゃんは2倍以上の大きさでした。


地域の保健担当者でベン・カテッシュラジュ博士は、「私の25年間の経験で、このような大きな赤ちゃんを見たことがなかったです。彼女は奇跡です。彼女はインドで生まれた最も重い赤ちゃんというだけではなく、今まで世界で生まれた最も大きい赤ちゃんであると考えています。 」


母親も驚きを隠せず、まだ赤ちゃんの名前は決まっていません。


ナンディニさん自身も体重94キロ、身長175センチです。妊娠期は大変順調で彼女自身もこのような大きな赤ちゃんの出産いなるとは思いもよりませんでした。