ジャンクフードのカロリー数と部分サイズに関する新しいデータは、マクドナルドのフライドポテトとクリスピークリームドーナツは、米国に比べてオーストラリアのほうが高カロリーであることを示しています。


ComparetheMarket.com.auが行った調査では、オーストラリア、日本、ニュージーランド、英国、ドイツ、香港、ポルトガル、コロンビア、シンガポール、インドネシア、アメリカそしてカナダにおいてファストフードの大きさとカロリーを解析しました。



これは、サイズが小さい場合であっても、高カロリーであることも示しています。


KFCでは日本が最も小さいオリジナルバーガーのレシピを持っているということで77グラムでした。


オーストラリアはマクドナルドのフライドポテトの最小供給サイズを誇っています。サイズは104グラムですが、日本のマクドナルドのミディアムサイズのフライドポテトとの差は31グラムです。


日本ではバーガーキングのバーガーが278グラムで750キロカロリーであると発表していますが、それは、英国、オーストラリア、アメリカ、カナダよりも軽い上に高カロリーと謳っています。


ニュージーランドのサブウェイサンドイッチが一番低カロリーを示していて、それは香港のものより88キロカロリーは軽いと言います。



ドリンクコーナーでは、オーストラリアが610ミリリットルの最大サイズを発売していて、キッズサイズでも350ミリリットルで209キロカロリーという最も高いカロリー含有量を示しています。