ドナルド・トランプ大統領候補者に新しい問題が生じています。

スターバックスコーヒーは全世界に渡り、すべての街でほとんどのストリートに点在しているというほど普及してますが、ある特定の建物からは撤退するよう求められています。それがドナルド・トランプの所有するトランプタワーです。



カイル・ブルックス氏が中心となった嘆願書にはスターバックスはトランプタワーを出て行くよう求められており、既に8,000名の署名を集めています。


請願書の内容は「スターバックスは正当なビジネスをしているにもかかわらず、トランプ氏の発言は許せない。撤回しない限りスターバックスはトランプの所有地では働かない。 」


スターバックスとトランプ氏は、過去に遡って多少複雑な関係を持っていました。前回のホリデーシーズン、トランプ氏の提案をスターバックスが却下しました。そのことについてトランプ氏は「正直全く気にしていない」と言いますが、わだかまりは残りました。


ブルックス氏は、「すべてのトランプの物件でのリースを終了することを要求する 」と言いますがスターバックス浜田コメントしていません。