絵文字はEMOJIとして世界中で言語を問わずに使われています。無言のコミュニケーションは日々進化しています。

2009年のニューヨークタイムズですら絵文字の使用がありました。それは2枚のベーコンとロックで飲まれているウイスキーでした。ベーコンがパンケーキの上に卵と一緒に乗っけられて紹介されています。ベーコンは朝ごはんの代名詞のように使われるようになりました。



健康志向の人が好んで使えるようにニンジン、アボカド、サラダの絵文字もあります。キュウリやピクルスでさえ絵文字は作られています。


キウィフルーツは「K -I- W- i」とタイプすると変換されるように絵文字の文字変換はますます領地を広げてきています。


今、国際食料品のためにスペインではパエリアでフランスはクロワッサンやバゲットなどを変換できるような働きかけを始めています。ドイツはソーセージというようにその国と食品が絵文字変換できる技術研究が進められています。